« 来年へ | Main | しあわせ-先輩とソンダクとハウルと。。 »

2005.01.05

日本型経営はどうなる-ロナルド・ドーアの予想

今日、1月5日付けの朝日新聞。
連載中の「未来を語る」4回目より。
ロンドン大学名誉教授。重要なところだけ焦ってメモメモ

☆  ★  ★

●(見出し)終身雇用制なお続く 倫理観の変化懸念

・「最も大きな変化は少子高齢化だ。これまでは労働人口の増加が賃金総額を増やし、総需要を伸ばして、その結果、企業が投資水準を維持するという好循環があった」
(という構造変化を受けて、景気が楽観ムードになりそれは良いことだが、日本企業はかつてのような輝きは取り戻せないだろう。との見解)

・「過去の景気回復期と比べ賃金がそれほど上がっていないことも指摘したい。企業が膨らんだ利益を賃上げに回さないのだ。パートなど非正規労働を増やしていることも賃金総額を抑えている。労働人口が増えなくなれば、需要の原動力として賃上げがより重要になってくるのだが……」
(という部分も構造変化要因である)

・(経営システムは「株主重視」の米英型が主流となり、「従業員重視」の日本・ドイツ型は劣勢です。)
「確かに日本企業も株価維持に非常に気を使う経営になってきている。04年夏、経済産業研究所にいた時に約500人の日本の部課長を対象に10年前と現在の会社を比較してもらう調査を実施した。10年前の方が従業員の給料を優先する傾向がより強く、今は人件費抑制、株主優先の経営に傾いている」

・(米英型経営の問題点も浮き彫りになったのに、流れは変わりません。)
「外資系株主に気を使っているのだ。ただ、企業統治改革の多くはポーズだけ。日本企業の戦略決定手順は依然として内部での根回しによって決まり、社外重役などはあまり関与していない。破綻企業を除き、社長をヘッドハンティングするような例もほとんどない」

・(日本型の特色だった終身雇用制の将来は? )
「今後も残るだろう。学力に秀でた人たちが大企業に入るという採用市場が変わらないからだ。企業側は採用した優秀な人材を逃すまいと、終身雇用制をとる可能性が強い」

・ 「中小企業にも、むやみに解雇しない、という倫理観があった。70年代末、ある中小企業の社長は『クビにするのは戦場で部下を死なせるようなもの』と言っていた。ただ、転職者が増えるのに従って経営者のそんな倫理観は薄れるだろう」

・「極端な貧富の差がないことが日本の特徴の一つだった。だが最近では、一部のエリートだけが高所得を得る、という米国型の賃金構造に近づいてきた。米国の『貪欲(どんよく)こそ正義』という倫理観も浸透してきた。欲張りは人間らしくない、と考える人が減っているのは残念だ」

・「しかし、成長著しい中国が20~30年後に日本に似た経営システムになることだってありうる。それは日本とドイツが今の経営システムを維持することを激励する材料になるだろう」

★  ☆  ★

ほとんど引用ではなく転載になってるな~。やばっ。(笑)

★  ☆

ボクの親しい友人が「終身雇用は良いに決まっている。問題はそれが維持できない環境になったことをどう捉えるかなのだ」と指摘していた。

景気回復で楽観ムードになり、社長の年始挨拶も「成長」「人材」「海外」てなキーワードらしい。(今日の日経新聞)
つまり、良いに決まっている終身雇用をあらためて継続する気分なれる状況になってきたってこと。

良かったね。正しい道にスポットライトが戻ってきた。
でもね、経験したようにこの終身雇用という道は一歩間違うと「馴れ合い」と化します。
正しく運用したいですよね。しんどいけど。

それとドーアの指摘する「欲張りは人間らしくない、と考える人が減っているのは残念だ」が本当はどうなっているかですね。

高齢化、少子化 とか 成熟経済 とか フリータ とか ニート問題やひきこもり とか。
これらの現象はいったい「欲張り」とまでは言わないけれど、成功し金持ちになった人を「がんばったんだから」と容認するのか、「周りの人の助けとか運があったよね」とするのか。

決して「欲張りは人間らしくないと考える人が減っているわけではない」と思うのだけれど。

|

« 来年へ | Main | しあわせ-先輩とソンダクとハウルと。。 »

Comments

onoさん 先ほどのメール、ココログの把握が
出来てないようで失敗いたしました。
コメントボード汚してしまいご免さいね。
昨日も画像が重いのが何処のサイトも重々しく
サイトめぐり断念してしまった次第です。
写真ばかりどんどん、投稿しているもので
社会経済に疎い所が大有りですが本日の記事は
考え深いものでした。
何年も続く経済低下にはどうしたものか、
どうしたら向上するのか、低賃金のまま、一向に改善されない昨今、心配になって来ますね。
欲張りは人間らしくない...
でも、欲がないと向上に繋がらないと思います。
何事も貪欲に生きて行く姿勢忘れてしまっては
いけないのではと考えさせられました。


Posted by: yoriko | 2005.01.05 at 09:47 PM

日本型経営はどうなる-ロナルド・ドーアの予想
今日、1月5日付けの朝日新聞。

連載中の「未来を語る」4回目より。
ロンドン大学名誉教授。重要なところだけ焦ってメモメモ

☆  ★  ★

Posted by: yoriko | 2005.01.05 at 08:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4491/2477174

Listed below are links to weblogs that reference 日本型経営はどうなる-ロナルド・ドーアの予想:

« 来年へ | Main | しあわせ-先輩とソンダクとハウルと。。 »