« 民主党の菅代表は、なぜ? | Main | 本屋さん大賞-本屋の力 »

2004.05.09

イラク駐留米軍によるイラク人虐待事件

駐留米軍による虐待はなぜ起きたか。

 ●戦争という極限状態が人を狂わせる。倫理観を失わせる。
 ●上官からの命令は、人を簡単に残虐にさせる。

  http://www1.jca.apc.org/aml/200108/23327.html

「普通の人々」というアメリカの学者が書いた本では、一般のドイツ市民から選ばれた警察大隊がポーランドのユダヤ人を虐殺した記録が紹介されています。
家庭ではよき父、夫であった普通の人々が,なぜそのような残酷なことをしたのか。またアドルフ・アイヒマンはその裁判の中で、大量のユダヤ人を列車に乗せて絶滅収容所に送った理由を「私は命令を受けており、服従の誓いに従って命令を実行しなければなりませんでした。残念ながら、免れることはできなかったのです」と証言しています。

 ●銃を持つものは既に「権力」を持っている。銃を持つことで「権力」を握ったことを一般人は自覚していない。権力者は権力の怖さを自覚しているが、一般人は権力の怖さを知らない。一般人が権力を持った時が、一番恐いのです。(今朝のサンデーモーニングの養老孟司)

希代の「怪物」(上記引用にでも出てくるアイヒマンのこと)を待ちうけた人々が見たのは、移送計画の専門家(スペシャリスト)で有能忠実なサラリーマンを思わせる初老の男性だった。

  アイヒマンは本当に普通の人だったようですねぇ
    スペシャリスト―自覚なき殺戮者―


☆  ★  ★

現代の人間は自由な生命と判断力と意見とを持つ権利を失い、組織に従属する傾向を強く持っている。そして組織のみが、必要な人間を取り入れ、不要な人間を排除しながら、真の生命としてこの世に生きているように見える。」
       壊れた「機械」、あるいは軋む「歯車」のために

一般ピーポーが権力を持つこと以上に、一般ピーポーが組織に所属しているその事で、既に倫理観・道徳観が吹っ飛ぶことがあるわけですよねぇ。

三菱ふそうはどうだったんだろう。。。

|

« 民主党の菅代表は、なぜ? | Main | 本屋さん大賞-本屋の力 »

Comments

onoさん
>it1127さんの部下はit1127さんの文書で動いたわけですよねぇ?あら?

一本取られちゃったね!顔を洗って出直します(照笑)

Posted by: it1127 | 2004.05.10 07:48 AM

Cosさん

そうですか。
自らが得た権力に自らがはまってしまう人を現実に見てしまいましたか。

現実化した時に、どうしたら、覚醒させられるのか。。。難しいですねぇ

Posted by: ono | 2004.05.10 12:26 AM

it1127さん

>d)個人の都合
>があるように思えてなりません。しかも、この要素がいちば
>ん大きい、と自分には経験的実感として思います。

個人の資質とかご都合とかの要素はないとは言えないですよね。

ただ、書いていただいた内容を読んでいると、it1127さんの部下はit1127さんの文書で動いたわけですよねぇ?あら?

Posted by: ono | 2004.05.10 12:20 AM

どちらかというと(頑固な面はあったけれど)おとなしい人が、権力を持ったと単にどんどん変わっていく姿を見たことがあります。

人間って変わるもんだと恐ろしい気持ちで見ていましたが・・・・

人に対して残虐になれるにはit1127さんのいうように個人による部分も大きいけれど、権力が与えられるというのも大きいかなと。

Posted by: Cos | 2004.05.09 08:45 PM

onoさん、サン・モニ養老発言観てました(笑)
>一般ピーポーが権力を持つこと以上に、一般ピーポーが組織に所属しているその事で、既に倫理観・道徳観が吹っ飛ぶことがあるわけですよねぇ。

まだ、ぼくが若かった頃、会社のなかの組織で権力を与えられました、ぼくが書いた文章(コンピュータシステムも含む)でみんなが動くのです。しかし、ぼくの場合はその責任の重さで気が狂いました。でもぼくは他人を殺めることはしませんでした。その代わり病気になって、その責務から逃れることができたのです。

人に対して残虐になれるのは、

a)上司の命令
b)組織に属していること
c)権力を与えられたこと

だけでは済まされない

d)個人の都合

があるように思えてなりません。しかも、この要素がいちばん大きい、と自分には経験的実感として思います。

a),b),c)を強調するのは暗に組織を否定的にとらえる含みがあります。

Posted by: it1127 | 2004.05.09 03:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference イラク駐留米軍によるイラク人虐待事件:

» 人が残虐になるとき [こすもす]
ごく普通の人が残虐になるとき・・・ onoさんの イラク駐留米軍によるイラク人虐 [Read More]

Tracked on 2004.05.09 09:09 PM

» イラク駐留米軍兵士の生活 [じゃりんこのコーヒータイム]
今朝、登園してきた子どものTシャツが、いつも彼女が着ているのとは違った雰囲気のも [Read More]

Tracked on 2004.05.13 10:09 PM

« 民主党の菅代表は、なぜ? | Main | 本屋さん大賞-本屋の力 »