« まじめにいいかげんを演じるのは難しい | Main | 組織の魅力と働くワタシのモチベーション・意欲 »

2004.05.23

夢あっての現(うつつ)

★「言葉」は、「うっ」「ぐっ」と唸らされた言葉を備忘録代わりに記述していこうとするもので、カテゴリー「心と体」に当面は蓄積していきます。
----------------------------------------------------

 
 これは現(うつつ)から疎外された夢の話なのかもしれない。
 だけど、夢あっての現(うつつ)。
 夢なき「現実主義」は、むしろ現実を傷める。

 
☆  ★  ★  ☆

今日5月23日朝日新聞の読書頁、
辺見庸著「抵抗論-国家からの自由へ」の書評を書いた宮崎哲哉の言葉。

そか。
夢あっての現在なのだなぁ。
夢なき現実主義は、現実を傷めるんだなぁ。

めちゃくそ、反応した「理」だったので、備忘録として、こころに留めておくためにアップ。

 
☆  ★  ★

あら?6月中旬までアップしないんぢゃなかったの?と思った方いらしたら、ごめんなさい。
状況は変わらないのですが、この件はこの前の記事で少々補足をしていますです。

ではでは、また6月中旬まで記事アップのお休みを継続します
(ほんとか?ホントだ(予定)←おいっ)

|

« まじめにいいかげんを演じるのは難しい | Main | 組織の魅力と働くワタシのモチベーション・意欲 »

Comments

日曜日はお休みをお休みするって言うのはどうだい?

Posted by: Cos | 2004.05.23 at 04:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4491/640420

Listed below are links to weblogs that reference 夢あっての現(うつつ):

« まじめにいいかげんを演じるのは難しい | Main | 組織の魅力と働くワタシのモチベーション・意欲 »