« え!?粉飾だったの? | Main | トップが本気かを下はじっと見定めようとしています。 »

2004.04.12

意思決定が集中していると弱い

★「言葉」は、「うっ」「ぐっ」と唸らされた言葉を備忘録代わりに記述していこうとするもので、カテゴリー「心と体」に当面は蓄積していきます。
----------------------------------------------------

 
  意思決定が集中している社会は、脆弱であるばかりでなく、積極的にリスクを取ることができない

 
☆  ★  ★

2004.4.17号週刊ダイヤモンド 野口悠紀雄「超整理日記」より

野口悠紀雄は ギャヴィン・メンシーズの『1421』を引きながら、明の頃の中国を参照しつつ書いている。以下引用。

『1421』によれば、紫禁城に落雷があって火災が起こり、永楽帝が統治の意欲を喪失した。そして鎖国政策に転換したために、中国の大航海(※)が続かなかったのだという。

※中国は明の永楽帝の時代に、コロンブスよりも70年も早くアメリカ大陸を発見していた!!船団の一部と考えられる残骸がカリフォルニアで発見された・・・ とこれはフィクションらしいのだけれど、当時の中国の技術力、航海術なら現実にアメリカを発見していたとしても不思議じゃない力をもっていたのだそうですわ

しかし落雷や火災で歴史が変わってしまうようであれば、きわめて脆弱な社会制度だと言わざるを得ない。権力が一人の皇帝に集中する社会は脆弱な社会だ。


意思決定が集中している社会は、脆弱であるばかりではなく、積極的にリスクを取ることができない。ヨーロッパがリスクを取れたのは、分権的な社会だったからだ。

※野口悠紀雄は20世紀にも明の失敗と同様の事態が起きたとソ連を例示し、次に日本を例示する。

日本は社会主義国ではないが、社会主義が崩壊した今、世界でもっとも社会主義経済的性格を強く有する国になっている。国が直接に経済運営をしているわけではないが、多くの産業が大企業によって支配されている。

 
☆  ★  ★

意思決定が集中している組織(社会)は、脆弱、というのは ふむと思うし、スピード感が鈍くなるとは思うけれど、積極的にリスクが取れないっていうのは (゚Д゚)ハァ? だな。

小さな組織は小さいからこそ、またリスクが取れないんだし、野口悠紀雄もちょっと筆がすべってるだろっ!と思う。
しかし、豊かさとは多様であること と以前から考えているボクには「意思決定が集中している社会は脆弱」って話はなーると思うものでありました。

|

« え!?粉飾だったの? | Main | トップが本気かを下はじっと見定めようとしています。 »

Comments

onoさん
>山形ヒロオの新しい本(訳本)、「創発」をよみはじめています。
そそられるなぁー、この本。いずれぼくも読んでみたいなぁー
多分、いまのイラクあたりの秩序を考える上で役に立ちそうな考え方だと思う。あるいは、ムカデの足はどうやって動かしているのだろうか、いかにも集中管理じゃ無理っぽいもんな、という話?

また笑ってくれぃ!山形あたりがまたいいねぇー。

Posted by: it1127 | 2004.04.14 at 02:31 AM

it1127さん

>効率重視なら、集中 対象--固定化されたもの、予測可能なもの
>安定性重視なら、分散 対象--予測できないもの

またもや スバッとした整理 ありがとうございました。

コメント欄なので内緒話も内緒のままでいけると思いますが、山形ヒロオの新しい本(訳本)、「創発」をよみはじめています。
分散型システムの強さの解明は本当に日進月歩だなぁと感じながら読んでます♪

Posted by: ono | 2004.04.14 at 01:00 AM

Yocさん

>社会と会社を同じ土俵で考えていいもんだろうかという疑問も生じますが

わはは、そうですよね
ちょっと、野口さん 筆がすべりまくっているかもしれません。

>Apple Computer, Inc. はこの話の場合、どこにおさまるんだろう?

ジョブスがいなくなった途端、メタメタになり
ジョブスが戻ってきたら復活し
いままた元気がちょっとない・・・

つーわけで Yocさんも指摘(るび : オチ)されたようにまちがいなく脆弱ってわけでしょうね。わはは

Posted by: ono | 2004.04.14 at 12:57 AM

インターネットのインフラは、まさに通信の分散化による脆弱性の回避策だったわけですね。

集中管理は効率はよいが、環境変化に弱い。
話は飛ぶが、
だから遺伝子の戦略として多様化を計っている。
近親相姦だと虚弱児が生まれやすい。必ずしも倫理・道徳が理由ではない。合理的な選択を人間は経験的にしているわけですね、きっと。
できるだけ違うもの同士が混ざった方が断然強い。融通性に優れ、環境の変化に強い個体が生まれてくるのですね。
その代わり効率は悪い。なかなか意見が纏まらない。ちっとも先に進まない。
でも、その状態が安定性を保つ、秩序を保つ秘訣かも。会議でも喧々諤々の意見が交わされる状態がよいのかも。結論がなかなかでない状態が良いのかも。いわゆるスローフードの思想がこれからの社会のキーワード?本当かぁー[笑]

まぁ、とにかく

効率重視なら、集中 対象--固定化されたもの、予測可能なもの
安定性重視なら、分散 対象--予測できないもの

Posted by: it1127 | 2004.04.13 at 01:37 PM

そもそも、社会と会社を同じ土俵で考えていいもんだろうかという疑問も生じますが、Apple Computer, Inc. はこの話の場合、どこにおさまるんだろう?
事実上、意思決定はJobs氏だけなわけで。でも(だから?)、スピード感はものすごいし、積極的過ぎるぐらいにリスク取ってるようにも見える。おかげで、みんなハラハラしながら見てる。ああ、やっぱり脆弱なのか?(笑)

Posted by: Yoc | 2004.04.12 at 10:54 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4491/427027

Listed below are links to weblogs that reference 意思決定が集中していると弱い:

« え!?粉飾だったの? | Main | トップが本気かを下はじっと見定めようとしています。 »