« 社説の社説 | Main | 社説での戦い-がんばれ新聞 朝日vsサンケイ »

2004.04.02

誰が恩恵を受けてるんだ?-大量の陳腐化人材という錯誤

★「言葉」は、「うっ」「ぐっ」と唸らされた言葉を備忘録代わりに記述していこうとするもので、カテゴリー「心と体」に当面は蓄積していきます。
----------------------------------------------------

 
 資本主義経済のもとでは、常に人間の幸せよりも利益の追求が重んじられる。

 
☆  ★  ★

Newsweek-ニューズウィーク日本版2004.4.7号「景気が回復しているのにどうして企業はリストラをやめないの?」より、都合良く引用。

わっかりやすすぎ(笑)、このぶった切り資本主義解説。

この上記の定義がこれまでの日本的経営、つまり上記の言い方を借りると「利益よりも共同体(仲間)が大事」という感受性に抵抗を受けるわけですよねぇ。

★  ☆  ☆

気になっていること、2つ。

1つはまさに上記の定義に関わること。
「常に人間の幸せよりも利益の追求が重んじられる」という表現が現実を的確にあらわしているとして、では誰が恩恵を受けているのか、誰が幸せになっているのか。

結果として経営層などごく一部の人だけが幸せになっているのであれば、多くの人の小さな幸せの搾取の上で資本主義経済が成り立っているということになり、もしそうならボクは気に入らない。


もう1つはまったく逆の立場から。

過ぎた共同体重視、仲間過保護が、あったのも事実。
どうにもならない上司が大量にいるのも現実。こいつらなぁと思うわけですよな(爆)
ボクの師匠筋は彼らを陳腐化人材と命名してます(ふぅ)

☆  ☆

ただ、この「大量にいる」という問題も、問題なのかどうかが悩ましい。
っていうのは、こういう指摘があるから。

社会問題は自然の問題と違い正規分布しない。利益は優秀な一部によって生み出されている。


もう1つの指摘。(これ、お気に入りです♪)

少数精鋭は嘘がある。人材の中からある確率で精鋭は生まれるものだ。


どちらも同じ事を言ってますよね。

どちらの指摘も「大量の陳腐化人材~役立たず」(笑)は必然として生まれるのだと指摘しているわけで、もしそうなら「役立たず」をどう配置するか、だましだまし働かせるかを考えないとね。排除という選択肢はない。錯誤なのだから。(なんかめちゃくちゃ傲慢な文章になってるなぁ~。ゆるしちくり)

☆  ☆

(体勢を立て直して(ニガワライ))利益よりも共同体・仲間を大事にするとは、役立たずを組み込むコストを必要なコストと構成員が認めること、役立たずかどうかを超えてやりくりすることなわけですよな。

この記事、文章がまずいのでいらぬ反感かっているかも知れないですが、ボクは、この「やりくりする」ほうが、利益一本という単純指標による運営よりも よほど大人というか成熟した精神を持っているんじゃないのか と思うわけです。

|

« 社説の社説 | Main | 社説での戦い-がんばれ新聞 朝日vsサンケイ »

Comments

あはは。コミュニタリアンを即席で勉強してきたけど、そうですね。この考え方は賛成ですね。なんだアメリカは今頃伝統的日本のやり方を真似てるのか。それに比べて日本は失敗したアメリカを追っかけようとしている。それともアメリカにそれを強要されているのかぁー、えぇ。

Posted by: it1127 | 2004.04.05 at 01:21 AM

ひできさん

>日本経済もまだまだ、これからっすよ!
>人材の問題と冨の問題においては「二極化」と「20:80」

なんだかんだ言っても(笑)、やっぱりさぼっていた人もいるわけで、これまでのやり方に少々競争と格差のトッピングで、これからが形成されるんだろうなぁ とボクも思います。

そうそう、ややずれますが、今朝の関口宏の番組で、新潮45の編集長が
「速すぎる時代について行ける人だけが評価され、一方で遅い人を取り残していくのは どうかと思う」と言葉にしていましたが、良い表現だなと思って聞いてました。

Posted by: ono | 2004.04.05 at 12:53 AM

tuomoさん it1127さん

ボクは確実なのですが(笑)、お二人ともコミュニタリアンっすね♪

Posted by: ono | 2004.04.05 at 12:36 AM

it1127さん

>その点日本人はそのことを口には出さないがよく知っていて、ポジティブシンキングと口では言いながら実際はそうしてないところが、日本文化の強みか。

ここ、ニタニタしてしまいました♪

Posted by: ono | 2004.04.05 at 12:27 AM

tuomoさんが同じようなことを書かれてますね[笑]今、気がついた。

Posted by: it1127 | 2004.04.04 at 11:49 PM

ひできさん
>賛成に一票
ありがとうございます[笑]
>「二極化」と「20:80」の法則みたいのが日本国内でもすすむ
確実にそうなりますね。これが日本社会にとって良いことなのか悪いことなのか今の時点でハッキリ見えませんが、従来の日本型年功序列システムは「人間の誇り」という視点に立つと悪くなかったような気がします。
というのは、ダメ人間を会社が面倒見てやれば、世間的にはダメ人間ではないのです。ということはダメ人間はかろうじて誇りだけは保てるわけです。誇りを持った人間が多ければ多いほど社会の秩序は保たれます。ところが、能力主義が進むとダメ人間は世間的にもダメ人間だと知られてしまうわけです。これでは誇りは保てません。誇りを失った人間は何をするかわかりません。そういった人が増えると社会は乱れます。そうならないためには新しい産業が興って、あぶれたダメ人間を吸収してくれればいいのですが、そうなっていくんですかね?

ダメ人間を会社が面倒を見た方が良いのか、社会福祉が面倒を見た方が良いのか。人間の誇りを考えたら明らかに前者の方が良い。

Posted by: it1127 | 2004.04.04 at 11:46 PM

こんなことを考えてみました。

仮に「役立たず」を排除したらどうなるでしょう?社会に不満を持つ人々が増えて、犯罪に走る人も出てくるかもしれない。それでは社会的コストが大きくなってしまいます。収益が変わらず費用が多くなれば、それだけ利益は少なくなるわけですよね。(社会的コストをどう数値化するのかは難問ですが。)

利益という指標で考えても、「やりくり」して共同体を維持することはメリットがある。このふたつは相反する概念ではないはずだ、と思うのです。

議論を封じ込めるためではなく、こんな考えもあるのではないかというひとつの意見を提示するために書きました。

Posted by: tuomo | 2004.04.04 at 03:34 PM

>そんなに悪くないのにいつも大変だ大変だといっている。その割にはどこの国よりも旨くいっているような気がする。そう思うのは僕だけかな?

いえ、私も賛成に一票を投じたいと思います(笑)。全く悲劇がなかったわけではないですが、日本は国として、国民として、この10年をよく乗り切ったと私は最近思います。日本経済もまだまだ、これからっすよ!

あ、でもちょっとただどっちにすすんでもこれまでよりも人材の問題と冨の問題においては「二極化」と「20:80」の法則みたいのが日本国内でもすすむように感じております。

Posted by: ひでき | 2004.04.04 at 02:01 PM

>うまくいってるんだからつまらん事に捕らわれるな というのが適切な時と適切な異議申し立ての識別、境界はなかなか難しいかもなぁ とふと思いました。

それはいえてますね。だいたい「うまくいってる」といういい方は大雑把過ぎます。それで済まされるレベルの話もあればそれで済まされないレベルの話もある。個別の問題はそれはそれで改善する余地は多々あるわけで、例えば今回の回転ドアの事故でも、偏向報道はいかがかと思うが、発生率[多分交通事故より低いと思う]を理由にたいした問題でない、騒ぎすぎという意見もまた大雑把過ぎます。当事者にとっては100%大問題であるには違いないのですから。

日本人の性向として
「良い点」を褒める事に関して消極的であるのに対して、
「悪い点」を攻める、改めることに関しては積極的であると思う。
その辺が日本人の質を高めている要因の一つかもしれないと漠然と思っている。
1950年代のアメリカでポジティブシンキングが流行ったらしい[本当の背景はわからないが]が、結局、ダメ人間を更にダメに育てただけという評価もあり、必ずしも「悪いところを改めるより良いところを伸ばす」ことが絶対的に良いわけではない。大体、良いところを持っている人間は少ない。その点日本人はそのことを口には出さないがよく知っていて、ポジティブシンキングと口では言いながら実際はそうしてないところが、日本文化の強みか。長い歴史の試験をパスして養われ、日本人の遺伝子に組み込まれた文化遺産はそう簡単に崩れるわけがない。
分りにくい文章になってしまいましたが、好意的に受け取ってくださいまし。

Posted by: it1127 | 2004.04.04 at 01:54 PM

it1127さん

眠いのに、いつものボクがいつもお世話になる整理・分類・体系化をしていただいて感謝ですぅ。

>日本主義[聞いたことないが]--考え方がよく分らないが、結構安全で豊かな社会を導いている。

あはは、まったくそうだと思いました。

ボクも、まったく「ずれた視点」で。

たとえば「でも他より良いのじゃないか」「社会主義よりいいじゃないか」と言ってしまった時に、議論が封じ込められてしまいますよね、異議申し立てをしている人に圧力をかけてしまってる。

うまくいってるんだからつまらん事に捕らわれるな というのが適切な時と適切な異議申し立ての識別、境界はなかなか難しいかもなぁ とふと思いました。

Posted by: ono | 2004.04.04 at 09:58 AM

眠いので、よく分らないまま、思いついたままコメントします、ですので独り言だと思って聞き流してください。

いわゆる自由資本主義--考え方は最悪だが、結果として他のどのシステムよりマシな社会を導く。
社会主義[国家独占資本主義]--考え方は素敵だが、結果として他のどのシステムよりダメな社会を導く。
日本主義[聞いたことないが]--考え方がよく分らないが、結構安全で豊かな社会を導いている。

そんなに悪くないのにいつも大変だ大変だといっている。その割にはどこの国よりも旨くいっているような気がする。そう思うのは僕だけかな?

Posted by: it1127 | 2004.04.02 at 03:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4491/384288

Listed below are links to weblogs that reference 誰が恩恵を受けてるんだ?-大量の陳腐化人材という錯誤:

» ■複雑系について、思いのままに [it1127の日記 ]
 ここ2ヶ月ほど、創発とか複雑系とかの惑星の衛星となってグルグル周っている。 き [Read More]

Tracked on 2004.06.03 at 03:18 PM

« 社説の社説 | Main | 社説での戦い-がんばれ新聞 朝日vsサンケイ »