« 希望、存在、死 | Main | 自分の働く背中はカッコイイか。 »

2004.03.18

ボクらの納得-マラソン・高橋尚子の選考問題をあらためて蒸しかえす

透明性を追求した結果、オリンピックの女子マラソン選考で高橋尚子が落選した件、短期間で話題が消えてしまったなぁという印象なので、蒸しかえしたい(笑)

日経新聞と朝日新聞しか目を通してないのだけれど、日経新聞の記事(3.16朝刊)が一番興味深く見えた。
まず引用する。

国民の納得する答えを――。理事会の冒頭で日本陸連会長の河野洋平氏(衆院議長)がこう述べている。このキーワードは平板だが、出た答えは革新的な「高橋落選」だった。
(略)
涙の復活劇を演じた土佐選手は、茶の間の後押しを受け、当選確実にたどりついた。記録も文句なし。あとは坂本選手と高橋選手の比較。選考委員はあくまで三つの選考レース内での審査にこだわった。四年前の高橋選手のシドニー金メダルや三年前のベルリンでの二時間十九分台の快挙は過去の実績とした。

この選考は必ずしもメダル獲得のための正解でないかもしれない。これまでの手法でも結構、成果だけは挙げている。

女子マラソン史上初の五輪連覇も見たいが、時代は選考過程における透明性も追求する。スポーツがこれほど日々の生活と密着している時代はない。指定した選考レースを勝ち、その選手と映像や現場で感動を共有した人たちがいる。三、四年前の実績はすでに歴史的な栄光とするのも一つの見方であろう。
(略)
四月の水泳の代表選考会は、あの北島康介選手でも結果を出さないと落とされる一発レースとなる。政治力や密室的、偏向的な選考は不要。誰もが納得できる選考は容易ではないが、それに近づけるのが公平な精神である。

☆  ☆  ★

引用が少し長い(苦笑)。ごめんなさい。でもなかなか省略できなかった。

ボクがう~む、悩ましいなと思うのは、要するに「ボクらの精神」のほうなんだ。

引用した日経の記事は要するにこう言う。

1.国民の(つまりボクらの)納得性を得るために
2.4つの選考レースだけで評価することで
3.これまでの密室的、偏向的な選考は「結構、成果をあげていた」し、
 「メダル獲得のために正解ではないかもしれない」が、
4.時代の求めた(つまり、ボクらの求めたですな)評価の透明性で選考した。

★  ☆

さて、いくつもの疑問がある。

●この「透明な評価」でボクらは「納得」したか

翌日の報道や街頭インタビューで 納得してない「ボクら」が多数いたのは明か。
透明な4レースのタイムだけで判断するというまったく合理的な判断だったにも関わらずボクらは「なんだか悩ましい気分」になったんじゃなかったか

もちろんあちこちで指摘があったように、4レースのタイムのみで決めるというこの合理的な基準での決定がまったく非合理にも選考会議の場で決まったというわけのわからなさはある。

が、しかし、この突然会議の場で4レースのタイムで決めるという非合理をおいておいてもボクらの納得性が本当に高まったのだろうか。。少々危うくはないか。


●透明な評価法は「メダル獲得のためには正解ではない」かもしれない。

記事にあるとおりなんだけれど、これまでの「密室的・偏向的」なやり方でメダルという成果が得られていたのだ。
過去の実績を重視するとか専門家の目で見るとかというこの種の見識?を、国民(つまりボクら)が求めたという透明性ある選考によって「成果-つまりメダル」が得られなくなるかもしれない。

ボクらは、選考の透明性が欲しいのか、それともメダルを見たいのか 本当はどっちなんだろう?
透明性を重視した評価でメダルがまったく取れなかった時、透明性を求めたボクらはその責任を負うんだけれど・・・

それでもなお、政治的・偏向的かつ専門家の目を信じるよりも透明性を求めるのだろうか?


●最後に。

 選考4レースで決めるなら、今後「選考会」などいらないわけですよな。
 自動的に決まるんだから(笑)
 
 ホントにホントにそれでいいのか?


☆  ★

欧米では、選考会に選手が入るようになってるんだと報道で聞いた。
「自分たちが選ばれたい基準で選ばれたい」という流れなのだそうだ。

これまた、4レースのタイムだけで決めるという評価方法に比較し、透明性が低くなる気もするが、専門家の見識が活かされる分、まだマシか(ニガワライ)

★  ★  ☆  ☆

いや、本当に悩ましい選考結果だったわ と思ったのです。
透明性による納得性を重視したという結果は少しも納得性を得られなかったという矛盾、その矛盾をボクらが一人ひとり抱えたのではなかったのでしょうか。

いったい、合理的な選考 と 専門家の見識による選考 とボクらはどちらを欲しいのでしょうか。
更に、納得性ある選考 と オリンピックでのメダル とボクらはどちらが欲しいのでしょうか。

|

« 希望、存在、死 | Main | 自分の働く背中はカッコイイか。 »

Comments

it1127さん

>先日書いた記事

読みましたよぉぉぉぉぉ

Posted by: ono | 2004.03.19 08:48 PM

>合理的な選考 と 専門家の見識による選考 とボクらはどちらを欲しいのでしょうか。
私としては、どちらでもよく、とにかく高橋が落選したのが残念。
>納得性ある選考 と オリンピックでのメダル とボクらはどちらが欲しいのでしょうか
メダルに決まってます。

とにかく、陸連が最も重視したのは、
1)マスコミ[ボクら]の批判を受けないこと
2)これまでの小出監督の陸連に対する態度に対する応答
陸連は、土佐選手の名古屋での健闘を上手に利用して、小出監督への復讐を図った。と観るのが妥当だろう。

以上は、私の全くの暴想です。でも一番納得できます。

あと、先日書いた記事をトラバします。

Posted by: it1127 | 2004.03.19 07:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ボクらの納得-マラソン・高橋尚子の選考問題をあらためて蒸しかえす:

» ■高橋尚子落選に思うこと [it1127の日記 ]
 ♪高橋尚子 笑顔の落選会見[スポニチ][関連]  今回の結果は本当に残念 [Read More]

Tracked on 2004.03.19 07:34 PM

« 希望、存在、死 | Main | 自分の働く背中はカッコイイか。 »