« bk1の人文・社会・ノンフィクション、ランキング(3.1-3.7) | Main | ビジョンと重病 »

2004.03.13

本当に自立しているもの同士の1つの愛のカタチ

★「言葉」は、「うっ」「ぐっ」と唸らされた言葉を備忘録代わりに記述していこうとするもので、カテゴリー「心と体」に当面は蓄積していきます。
----------------------------------------------------

 アル中のニコラスケイジは
 出会った娼婦に「酒をやめろとおれに言わないでくれ」と言います。

 彼も「売春をやめろ」と娼婦に言いません。

 お互いが抱えているリスクを「受け入れ」愛しあう。
 それが『リービング・ラスベガス』のテーマでした。

★  ★  ★

村上龍メールマガジンJMMの現役大学院生でかつSMクラブでアルバイトをしているF譲との公開交換メールの中の言葉。

随分昔の配信のもの・・・・、2000年6月17日付けで配信されたものでした。

★  ☆

リービングラスベガスという映画をこの村上龍による紹介まで知りませんでした。

この映画でニコラスケイジがアカデミー主演男優賞をとったことも知りませんでした。

「酒をやめろと止めるな」「売春をやめろと言わない」
なんとも衝撃的な(絶望的な)愛のカタチの有り様にびっくりしてレンタルビデオ屋に飛んでいき、急いで見たのを覚えています。

☆  ☆

村上龍はこの日のメールマガジンで

いいと思ったことは相手に勧めるし、悪いと思ったことは止めさせようとするというのがアメリカ特有のおせっかいだった。

『リービング・ラスベガス』にはそれがなかった。
負っているリスクをふくめて相手をまるごと認めて、それでも一緒にいたいと、『リービング・ラスベガス』の二人は思うわけです。

と絶賛するのだけれど・・・・

この愛のカタチ、わからないでもないが、ボクにそのような現実がおそってきたとしたらとても無理だなと思った。
こういうカタチで相手の生き様を尊重し相手をまるごと受けとめられる人、どれだけいるんだろう。

そして、このカタチ、「それぞれの自立した生き方」ということを超えて、正しいことなんだろうかどうなんだろうかと倫理的な観点からも う~むと考えさせられた。

それほど衝撃的な映画、それほど衝撃的な村上龍の言葉だった

☆  ☆  ☆

この映画のタイトルを思い出せなくて、picoさんに「なんて映画だったっけ」と質問したら、あっという間に教えてくれた。
Great!!

picoさん、ありがと♪

|

« bk1の人文・社会・ノンフィクション、ランキング(3.1-3.7) | Main | ビジョンと重病 »

Comments

うわ~onoさん、ありがとー。
おりしも、3/21は、こばんの誕生日。
プレゼントしよっかな~(?)

Posted by: pico | 2004.03.17 at 01:20 PM

picoさん

赤い航路。
全く知らないので アマゾン見たら
なななんと 3月21日DVD発売じゃあ~りませんか。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001E3CM8/qid%3D1079485281/250-8130717-4257814

Posted by: ono | 2004.03.17 at 10:03 AM

onoさん、おはようございます。

赤い航路は、リービングラスベガスみたいな、
わかりやすい設定はしてなくて。
全く違うともいい難い。
いかに執着し、いかに解き放ち、
自立とは、愛とは、どういうものか。
倒錯愛というか、愛に溺れた男女の行き着く果てが
描かれてます。濃ゆ~いです。
主演女優さんは、この映画の監督さんなんですけどね。
いやもう、自分の奥さんに、こんなことやあんなこと!
という見方をすると、まさに、リービングラスベガスです。

って、自分とこで、エントリーすればよかった。笑

Posted by: pico | 2004.03.15 at 11:23 AM

すみれさん

トラバありがとうございました。トラバ返しておきますね♪

映画ごらんになるとき、アマゾンのDVD評価にもありますが、体調の良いときにみないと、へこむかも。

Posted by: ono | 2004.03.14 at 09:34 PM

picoさん

>「赤い航路」って映画

リービングラスベガスと全く違うカタチなのかしらん?

Posted by: ono | 2004.03.14 at 09:32 PM

it1127さん 

バーナードショーの言葉だったのですね。
「人にして欲しいことを他の人びとにも~」をひっくり返したこのへそ曲がりの言葉は、どこの正しく考える人が言ったんだろうと思ったのを思い出しました。

Posted by: ono | 2004.03.14 at 09:30 PM

こんにちは~。
このエントリー、トラバさせて頂きました~。
愛の問題って奥深いですよね。
年とともに、考え方も変わっていくような気がします。
映画、今度観てみようと思います。

Posted by: すみれ | 2004.03.14 at 02:56 PM

onoさん、こんばんは。
great!なんて、てれくさいです。

「赤い航路」って映画があってね。
それと、見比べると、愛の形がまたよく見えるんですねぇ。

って、いいつつ、そういう私も、わかっちゃいないのですが。

Posted by: pico | 2004.03.14 at 02:33 AM

こんばんわぁ。
示唆に富んだ話ですね。初めて知りました。ネタ帖行きです。
昔の私なら受け容れ難い話ですが、いまの私なら「そうだよなぁ」って感じです。
若い子がよく言う「他人に迷惑かけなきゃ何やってもいいじゃん」その通りだと思います。

バーナード・ショウの言葉
「貴方が他の人々に自分にこうして欲しいと思うのと同じ事を、他の人々にするな。
なぜなら、彼らの趣味は貴方の趣味と同じではないかもしれないから」『人と超人』より
を、思い出した。

Posted by: iit1127 | 2004.03.13 at 10:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4491/295522

Listed below are links to weblogs that reference 本当に自立しているもの同士の1つの愛のカタチ:

» 愛の形・・・ [a wild flower]
onoさんのところで見つけたこの 「本当に自立しているもの同士の1つの愛のカタチ」という話題、 なんとなく最近考えていたことと似ていたので足が止まった。 「リー... [Read More]

Tracked on 2004.03.14 at 12:42 AM

« bk1の人文・社会・ノンフィクション、ランキング(3.1-3.7) | Main | ビジョンと重病 »