« ね、猫のブログ?-三歳児ブログに続き驚きのブログ | Main | 本当に自立しているもの同士の1つの愛のカタチ »

2004.03.12

bk1の人文・社会・ノンフィクション、ランキング(3.1-3.7)

bk1の週間ランキングを見て、ぶつぶつ言う1週間に1度の記事

★  ☆  ☆

1 → バカの壁       ●養老 孟司   ◇新潮新書
2 → 「おたく」の精神史  ●大塚 英志  ◇講談社現代新書
3 ― 逆説の日本史11   ●井沢 元彦著 ◇小学館
4 ― 武士道        ●新渡戸 稲造,他◇三笠書房
5 ↓ 下山事件(ケース)  ●森 達也    ◇新潮社
6 ― リコウの壁とバカの壁 ●ローヤー木村◇本の雑誌社
7 ↑ 禅的生活       ●玄侑宗久著  ◇ちくま新書
8 ― 経済学という教養   ●稲葉 振一郎著◇東洋経済新報社
9 ↓ 14歳からの哲学   ●池田 晶子著  ◇トランスビュー
10 ― ぼくの見た戦争   ●高橋 邦典写真・文◇ポプラ社
11 ― ロングフェロー日本滞在記●チャールズ・ロングフェロー◇平凡社
12 ― マンガ金正日入門 2  ●李 友情作・漫画◇飛鳥新社
13 ↓ 記憶がウソをつく!  ●養老 孟司著,他◇新書
14 ― ハイスクール1968 ●四方田 犬彦著 ◇新潮社
15 ― 昭和史         ●半藤 一利著  ◇平凡社

「おたく」の精神史。ネットでブログや日記を見ていると不評だなぁ。ますます買わない方に(笑)

★  ★  ★  ★

なんだかロングセラーだなぁ の 8位「経済学という教養」。
今読んでいる最中です。

第一章が「こういう人は、この本を読んで下さい」という章でとても好き。

・ずぶの素人が筋金入りの素人になるため本
・思想として、文化としての「経済学」

とした上で

「経済学」を一種のエキゾチックな異文化として紹介するというやり方が、往々にして実世間・実学にあまり感心の持てない(というよりも適切な仕方での関心の持ち方がよくわからない)人文系読書人に対しては、むしろ馴染みやすいと思うからだ。

と分析的に表明する。

そうなのですよなぁ。実務(家)と研究(者)って、やっぱりどうも相容れないところがある。関心の持ち方が全然違うなぁと感じる。
実務(現場)と研究(概念)を行ったり来たりすることができる人はマレだなぁと思うもの。

★  ★  ★

いま出ている「ハーバードビジネスレビュー4月号」に、
『200人のメディアやマネジメント関連の記事で頻繁に言及されるビジネスの思想家と呼ばれる人たちに「師はいったい誰か」と質問をした結果』
が掲載されている。

1位はドラッカー(8票)
2位はジェームスマーチ(7票)
3位はサイモン(6票)

とリストされてるんだけれど、その解説記事にこんな自ちょう気味のコメントがある。

もっとも得票数の多かった人物でさえわずか8票しか集められなかったことから我々はいったい何を学べるんだろうか。
経営学以外において、かくも細分化され、第一人者と呼べる人物を欠く分野はあるだろうか。おそらくないだろう。 経営学は真の学問だろうか。それとも、現代生活の基礎的な領域について、様々な分野を超えて発言する人々による言論の寄せ集めなのだろうか。

きっと経営していると面白いんだけれど、経営学を読んでると面白くない。
経営学という実学は、稲葉振一郎的物言いをすると、人文系読書人には関心の持ち方がわかりにくい。

稲葉振一郎的な迫り方、切り方ができる人が増えてくると良いなぁ

★  ★

今回のランキング記事のコメントは、稲葉振一郎だけで終わっちまった(苦笑)

|

« ね、猫のブログ?-三歳児ブログに続き驚きのブログ | Main | 本当に自立しているもの同士の1つの愛のカタチ »

Comments

早速のお返事,ありがとうございました.
紹介していただいたところ,チェックしてみます.

onoさんの記事で,いろいろコメントしたいものがあるのですが,
またひまをみつけてやってきます.

Posted by: たなべ | 2004.03.19 10:13 PM

たなべさんのブログで「購入されたんだな」とチェックしてました♪

えと、ほぼ同じ切り口からの批判ですが2つ。

http://d.hatena.ne.jp/gyodaikt/20040311
http://www.socion.net/soul/index.php?itemid=281

北田さんも鈴木さんも同じ世代で彼らから見ると世代錯誤に見えてしまうようですね。

PS
たなべさんが購入された本のうち2冊が気になったので、Myclip(左サイドバー)に取り置いちゃいました。読まれたらまた感想アップしていただけるとうれしーです(大塚本もです)

Posted by: ono | 2004.03.19 09:12 PM

こんにちは.

『「おたく」の精神史』って,そんなに不評なのですか.
その理由は,どの辺にあるのでしょうか.

自分で探せばよいのでしょうが,もしよろしければ教えてください.

Posted by: たなべ | 2004.03.19 07:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference bk1の人文・社会・ノンフィクション、ランキング(3.1-3.7):

« ね、猫のブログ?-三歳児ブログに続き驚きのブログ | Main | 本当に自立しているもの同士の1つの愛のカタチ »