« 生活と仕事。トラックバックを使った対話 | Main | 個性を気にする。個性を浪費する。 »

2004.02.22

豊かさの根っこ

★「言葉」は、「うっ」「ぐっ」と唸らされた言葉を備忘録代わりに記述していこうとするもので、カテゴリー「心と体」に当面は蓄積していきます。
----------------------------------------------------

 
 シナリオラーターと役者の塾を作る。金は
一切取ることをしない。彼らの生活費は農業
で稼がせる。住む家は自らの力で建てる。僕
にあったのはそれだけの計画。想像しようと
してもそれ以上の具体の姿は浮かばず、只漠
とした強い夢だけが、吹雪の閉ざされた小さ
な山小屋の暖炉の中でめらめらと燃えていた。

 正直云って僕はその時、若者たちを信じて
いなかった。応募者はどっと押し寄せてきた
が、その中の何人が果たして本気で僕の意図を
理解し、行動してくれるのか。そうゆう力を
若者が持ち得るのか。全ては全く闇の中だっ
た。一期生十五人を採用し、荒れ果てた谷で
の開拓が始まった。僕は彼らに最初に云った。
急ぐことはない。ゆっくりとやろう。建物を
建てるのも、勉強するのも。これは農業じゃ
ない。林業だ。春蒔いたものが秋作物
になると思うな。実るのは二十年、三十年先
だ。遅れることを決して恐れるな。遅れるこ
とは絶対に恥じゃない。

 たちまち二名が脱落した。しかし後のもの
は頑張った。それこそ全身泥まみれで、信
じられないぐらいがんばった。

 一年たったとき若者たちの顔つきは変わり、
二棟の建物が完成していた。そこへ二期生が
入ってきた。彼らは先輩たちの泥まみれの姿
に、生きる姿勢に衝撃を受けた。そしてたち
まち同化した。

 僕は若者を信じなかったことを恥じた。

 彼らは僕をはるかに超えていた。

 

2004年2月21日、昨日の日経新聞の広告。
三井住友ファイナンシャルグループの新聞広告に掲載された「倉本聡」の文章。

改行もそのまま打ち込んだ。


☆  ★

特にここが好きだった。
気に入った。

これは農業じゃない。林業だ。春蒔いたものが秋作物になると思うな。実るのは二十年、三十年先だ。遅れることを決して恐れるな。

スローライフはピンとこないし、スローライフは「負け犬の遠吠え」ではないかと思ったりもするけれど、他人に短期で成果を求められ、それに一喜一憂つまらないことだ。

しかし絶対(笑)、一喜一憂するんだよね。
ニタニタ笑ったり、へこんだりするんだ。

でもそれはつまらないこと。
一喜一憂する自分と林業たる人生、自分で自分を生きて育くんでいることとを自分を分化できるよう、修行しなきゃな。

あらためてそう思った。

★  ★  ☆  ☆

実はこの新聞広告のメインに取り上げられたのは、上述のものではない。
メイン文章はこれ↓だった。

あなたは文明に 麻痺していませんか
車と足は どっちが大事ですか
石油と水は どっちが大事ですか
知識と知恵は どっちが大事ですか
理屈と行動は どっちが大事ですか
批判と創造は どっちが大事ですか
あなたは感動を忘れていませんか

あなたは結局何のかのと云いながら
わが世の春を謳歌していませんか

この文章が 20年前倉本聡が上述のシナリオライターと役者の塾を作ったときの起草文なんだそうだ。

なんてイヤらしい文章。
なんて訳知り顔のくだらない文章。
なんの効果もない、オレはわかっているという寒気がするほど井の中の蛙。

20年前の倉本聡は実にくだらん天狗だったんだな。
そう思った。

☆  ★

20年後の倉本聡。良いです。
塾に参加した若い人が背中で倉本聡を鍛えたんでしょう。
その分とてもステキな歳の取り方をされたんだな と思いました。

|

« 生活と仕事。トラックバックを使った対話 | Main | 個性を気にする。個性を浪費する。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4491/220182

Listed below are links to weblogs that reference 豊かさの根っこ:

« 生活と仕事。トラックバックを使った対話 | Main | 個性を気にする。個性を浪費する。 »