« 日本人よ。仕事幻想を捨てよ・・ってか!? | Main | bk1の人文・社会・ノンフィクション、ランキング(2.9-2.15) »

2004.02.21

生活と仕事。それぞれの重み

 
 奴隷は「生存」のために働く。
 ほとんどの人は「生活」のために働く

 
■  □

 
 生きるために働く。
 それとも
 働くために生きる。

 
 ボクは、あなたは、そして世間の人たちはいずれか?

□  ■  ■
 

 上記の言い換え。

 
 仕事は、生活の手段か。
 それとも
 仕事は、生活の目的か。

 
 いまはどうか?高度成長期はどうであったか?そのまえは?
 若い人はどうか。中堅・中年はどうか。
 退職へのカウントダウンをはじめている50代後半はどうか。

★  ★  ☆  ★

 
仕事の意味 ~ 個人的な意味・社会的な意味 を考えている。思考中なのです。
で、考えるにあたって「良い問」を探してるのです。

 

コメントいただけるなら、これを読んでコメントしたいと思っていただけたとき、上記の選択肢について「ボクはこれ」「ワタシはこう」「昔はこうだったけれど、いまはこう」「いやいや、こんなちんけな選択肢で自分の揺れ動く感情は語れない」などなどと教えてくれるとうれしい♪

|

« 日本人よ。仕事幻想を捨てよ・・ってか!? | Main | bk1の人文・社会・ノンフィクション、ランキング(2.9-2.15) »

Comments

picoooさん(爆) oがどんどん増える。

>「働かされる」「働きなさい」といわれ、「働く」のであれば、
>仕事の意味は見つからないかと思われます。
>熱くなりました。長くなりました。

picoさんらしい♪

仕事に意味が見つけられれば良いですね
不本意な仕事に就かざるを得なくても、にいずれ長い人生のどこかで意味づけできればと思います。

ただ。。。
生活のためにどうしても、イヤでイヤでたまらないけれど、というケースもあるなぁ と。

難しい。。。。


>picoooooでした。

わっ、また増殖した♪

Posted by: ono | 2004.02.24 at 11:42 PM

Shinさん 反応遅くなりました。

>最初は手段。

>そして、しなければならないのなら、それをしたい事に変換する=楽しみを意地でも見いだす。

>して、仕事は「趣味」となります^^;。

あ~~、なんて美しいプロセスなんでしょう。
こういうプロセス抜きに
「好きなことを仕事に」とか「仕事は苦役」とかある断面で刺激的に語る(るび:煽る)のは短絡ですね。

めっちゃ納得♪

Posted by: ono | 2004.02.24 at 11:35 PM

onoさん、こんばんわ。
        (↑いつも、は、と迷います。
          今日の気分は、わ でございました♪)

>遊んでばかりいて、仕事しなさい

ですか・・・よく言われますよ。
それも、楽しそうに仕事してるので、
遊んでると思ってる人もたくさんいるかと思われます。
それは、私が、好きな仕事ができてるからですね。
でもね。自分で選んだから、絶対、好きになってやる。
って決意もあるんですよ。
これは、shinさんのおっしゃる。
>それをしたい事に変換する=楽しみを意地でも見いだす。
と、少し似てます。

>昔、西洋の貴族は働くことは卑しいことだったりしたんです。
 いつ頃からか、働くが美しいことであったりして。。。

そうですね。働くことは、美しいと思います。
そんなこといってるから、貴族は滅びたのだとも。
感謝や、愛がたりないのです。

私は、好きな仕事につけて恵まれていると思います。
嫌な言い方ですが、それなりの努力をしてるので、
当たり前だという気持ちもどこかにあります。
onoさんは、どうでしょうか?
ただ、自分の力だけで、この位置にいるわけではないと自覚してます。
感謝の気持ちは忘れないし、どこかで、還元するつもりで仕事してます。
それが、社会の仕組みだとも思います。

そして、どんな職業であろうと腐っている人もいれば、
輝いている人もいる。
それは、職業とかの問題でなくて、その人自身の問題だって思います。
自分の核意外もの。
例えば、会社とか組織とか宗教とかお金とか・・・
そういったものを信じてしまうと、崩壊するというか。
誰かの何かの所為にして、逃げる。
自立してないというか・・そういう人に限って、
「働かされる」という言葉を使い、権利を主張する。
ような気がします。

「働かされる」「働きなさい」といわれ、「働く」のであれば、
仕事の意味は見つからないかと思われます。

熱くなりました。長くなりました。
picoooooでした。

Posted by: picooo | 2004.02.24 at 12:59 AM

私にとって「仕事」とは。

最初は手段。
どうすれば生きて行けるかわからない時代。

こういう「仕事」をすれば生きてゆけると知る。
※この時点では生きがいでも何でもない。嫌かもしれないけれどしなければならないことを自分で決める。

そして、しなければならないのなら、それをしたい事に変換する=楽しみを意地でも見いだす。

して、仕事は「趣味」となります^^;。

Posted by: Shin | 2004.02.23 at 03:58 PM

Shinさん こんばんわ。

>食べる事も仕事だし排泄も仕事だし。

わはは。

定義難しいですけれど 「遊んでばっかりしてないで、少しは働きなさい」という時に使う 「働く」 のつもりでした。

Posted by: ono | 2004.02.23 at 01:56 AM

picoo さん

か、改名?

>仕事の個人的な意味は?と問われたら、もちろん、「生きがい」ですよ。

昔、西洋の貴族は働くことは卑しいことだったりしたんです。
いつ頃からか、働くが美しいことであったりして。。。

ボクもそうなんだけれど、picoさんも恵まれてますよね。

でもそうじゃないひとがたくさんいて。。。。

ちょっとそこも目線にいれて考えたいなと思ったのです。

Posted by: ono | 2004.02.23 at 01:52 AM

うーむ。picoo さんのコメントも踏まえて思うに、この文脈における「仕事」とは何を指すかを定義する必要があるやもしれませんね~。

確かに生きるためにしていることはこれ全て「仕事」という定義も成り立ちますねん。

そうすると、食べる事も仕事だし排泄も仕事だし。

Posted by: Shin | 2004.02.21 at 07:06 PM

検討違いかもしれませんが。
「働く」という文字は、
「人が動く」で形成されてますよね。
なので、目的でも手段でもなく、
「働く」=「生きる」だと、私は思います。

おなかがすいたら、ごはんを食べる。
ごはんを食べるためには、田畑を耕す。
で、お米をつくる作業の中で、
太陽をあびたり、人とふれあったり、
穀物ができた喜びを味わったりする。
働くことは、自然の摂理なんだと思う。

でも、こういえるのは、
私自身が、好きな職につけているからなのかもしれません。
また、嫌なものは嫌といえる立場でいられるというか。

例えば、自分の魂うってまでも、
その仕事をしなければならない。
となると、揶揄をこめた「生活の手段」という言葉が
派生するのかも。と思いました。

人生の1/3は、働いてるわけですから。
絶対、好きなことやらなきゃ損だ!
って、若いころから、ずーーーっと、そう思ってます。

仕事の個人的な意味は?と問われたら、
もちろん、「生きがい」ですよ。
わかりやすいでしょ。(笑)

Posted by: picoo | 2004.02.21 at 05:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4491/218147

Listed below are links to weblogs that reference 生活と仕事。それぞれの重み:

» この問題を考える1つのヒントとして… [気の向くまま…]
この記事へ コメントさせて頂こう思いましたが 長くなるのでtrackbackさせていただきます。 [Read More]

Tracked on 2004.02.22 at 10:10 AM

« 日本人よ。仕事幻想を捨てよ・・ってか!? | Main | bk1の人文・社会・ノンフィクション、ランキング(2.9-2.15) »