« 本日20日。ミスチルがテレビで「タガタメ」を歌う | Main | 生活と仕事。それぞれの重み »

2004.02.20

日本人よ。仕事幻想を捨てよ・・ってか!?

やや古新聞。

2003年2月-6月に、日本・韓国・アメリカ・スウェーデン・ドイツ5カ国の18才から24才までの青少年1000人を対象に個別面接で実施された「第7回世界意識調査」より。

   tanaBLOG: 第7回世界青年意識調査
    ↑ここのBlogで職業観以外の項目に所感を述べてられます♪


なかなか興味深いです。

■仕事を選ぶときに重視すること【Q23】

          1位       2位     3位     
日本      仕事内容    収入     労働時間
          67%       65%     45%
韓国      収入       将来性    仕事内容
          65%       49%     43%
アメリカ    収入        労働時間  職場の雰囲気
          84%       70%     66%
スウェーデン 職場の雰囲気  収入     仕事内容
          78%       75%     65%
ドイツ     収入        仕事内容  職場の雰囲気
          65%       63%     50%

  ★アメリカの「仕事内容」は4位なのです。

 

■職場生活の満足度(満足+まぁ満足)【Q22】

●●●●●●●69% 日本
●●●●●●●70% 韓国
●●●●●●●●82 アメリカ
●●●●●●●●83 スウェーデン
●●●●●●●●●86 ドイツ

 

■1回も転職経験なしの比率【Q21】

●●●●●●58% 日本
●●●●40 韓国
●●●29 アメリカ
●●●33 スウェーデン
●●●●●●58 ドイツ


日本人、まじめ♪

で、これに職場生活の満足度の低さをあわせると、まじめな若い人たちにまともな仕事を与えてないのが日本の会社ってわけですか?

それとも若い人たちのほうが、「仕事内容」などに期待するような幻想・ファンタジーを捨てるべきなんでしょうか。

-----------

■追記 2004.2.24
関係記事だったので、Nitty-Grttyさんの韓国の希望勤務期間よりをトラバさせていただきました♪

|

« 本日20日。ミスチルがテレビで「タガタメ」を歌う | Main | 生活と仕事。それぞれの重み »

Comments

Isaoさん ご無沙汰してます
コメントありがとうございます。

>スウェーデンに座布団あげます。

今度機会があったら、スウェーデン人と暮らしてみようかなぁ(笑)

Isaoさんも「仕事内容」なのですね。
こういう答えばかりだと、日本企業はつらいかもな。

ここに焦点をあてれば、日本も組織もすぐに元気になるんだなとあらためて確認しましたです。

Posted by: ono | 2004.02.21 11:13 AM

雨雲さん

そか、やっぱり「仕事内容」なのですねぇ。

そういう期待に応えるように企業側ががんばらないといけないなぁとあらためて思いました。


コメントありがとございました♪♪♪

Posted by: ono | 2004.02.21 11:08 AM

スウェーデンに座布団あげます。仕事がつまんなくても、給料が安くても、職場の雰囲気が良くて楽しかったら結構満足できるから。でも今はまだそこまで達観できない。
自分は1.仕事内容 2.労働時間 3.収入 です。雨雲さんと一致しました。

Posted by: Isao | 2004.02.20 11:06 PM

まだ学生ですが、もし将来仕事を選ぶとしたら
1.仕事内容 2.労働時間 3.収入
の順です。仕事内容さえしっかりしていれば、あとは多少厳しくても仕方ないかなぁと。
他のデータもいろいろと興味深いですね。

Posted by: 雨雲 | 2004.02.20 04:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本人よ。仕事幻想を捨てよ・・ってか!?:

» 第7回世界青年意識調査 [tanaBLOG]
内閣府より,5年ごとに行われている世界青年意識調査の結果が公表されました.日本の若者の社会に対する不満は高まっているようです.確実に不況が影響しているものでしょ... [Read More]

Tracked on 2004.02.23 05:39 PM

« 本日20日。ミスチルがテレビで「タガタメ」を歌う | Main | 生活と仕事。それぞれの重み »