« 思考停止に落ち入ってる人を覚醒する一撃! | Main | セブンイレブンのCM~好きですこれ! »

2004.02.17

転勤拒否の理由。

★「言葉」は、「うっ」「ぐっ」と唸らされた言葉を備忘録代わりに記述していこうとするもので、カテゴリー「心と体」に当面は蓄積していきます。
----------------------------------------------------

 
 自分の老後を考えたら、転勤は拒否にきまってるぢゃないですか。

 
☆  ★

たまたま知り合った、30代前半の生命保険のトップセールスの言葉。


こんな文脈で語ってくれた。

老後って長いですよね。60歳で退職したとして20年近くありますよ。
その時の生活をイメージすると、たくさんの友人をつくっておきたいと思います。
趣味の友だち、ちょっとお茶をする友だち、、いろんな友だちがいないと楽しめないって思うんですよ。

それって、転勤で地域を離れると切れちゃうでしょう?
つきあいの長さも大事ですし。

だから、転勤は拒否です。
地域を基点にして友人をどんどんつくっていく。
そのために、転勤拒否なんです。

★  ★  ☆

いまどきの友人の作り方、たとえばネットがあるじゃんとかいろいろな考えはあるわけだろうけれど、その論点よりも、30代前半で老後までをイメージして自分の仕事生活を決めていくという、そういう考えを持っている30代にはじめて出会い、驚いた。

10代でも20代でも将来のことは考えている。でもそれは概ね具体ではない。自分の行動を左右するものではない。

「年金が不安で」と答える10代、20代は不安なのだがそれがどう不安なのか、自分はいまからなにをしていかなければならないか、自分のこれからの行為を変化させるほどの強さはない。

具体的な不安は、いまの会社が倒産しないかとか(余談ですがカネボウの再生機構による支援という急展開には驚きました)、自分は良い評価をもらえるかとか、ホワイトデーはどうするかとか、不安の具体の時間軸は誰しも数日から長くて数年だろう。

彼は違った。老後をほんとにイメージしていまの行動を考えているのだった。

生命保険のトップセールスという仕事がそれを知らしめたかとも思った。中小企業のおやじ(るび:社長)やでっかい会社の部長クラスと生命保険について話をしているうちに、彼らの話と後ろ姿から「老後のイメージ」を学んだのだろうかな。

☆  ☆  ☆

漠然とした老後イメージではなく、元気な年寄りの毎日、足腰がたたず床で過ごす毎日、そして死の直前。
それらの多様な長い時間をどうすごしたいか。

で、もしそう過ごしたいなら、転勤は拒否するのか、いまの時間の過ごし方はこれでよいのか、未来から見ていまの過ごし方を考えなきゃな と思う。


でもこれ、難しいんだよねぇ~~実に。(滝汗)

|

« 思考停止に落ち入ってる人を覚醒する一撃! | Main | セブンイレブンのCM~好きですこれ! »

Comments

Kazuさん

本当は異動も良いとも思うんです。
いろいろな人で出会う、いろいろな関係が取れる。

>久しぶりの再会は感動する。転勤族も結構楽しい。
うん。そうなんだと思うんですボクも。

唯一あの引きはがされていく感じさえなければ(苦笑)

PS
これからもよろしくお願いします♪

Posted by: ono | 2004.02.20 at 12:24 AM

こんばんは。Kazuといいます。
今朝は僕のblogにコメントありがとうございました。

僕も“転勤族”なのですが、
転勤することで、いろんな土地に行ける(観光旅行)
そこで知り合いになる人もいるし…
その土地を離れても知り合った人に、また、会いに行くとか。
久しぶりの再会は感動する。転勤族も結構楽しい。
でも、生まれた土地で、
使い慣れた方言で話ができる友達がやっぱ一番ですよね。
昨年、小学校の同窓会はかなり盛り上がりました。

P.S.

今後ともヨロシクお願いします。

Posted by: Kazu | 2004.02.19 at 10:12 PM

chiochioさん 

コメントありがとうござます。(1つだけ残しました♪)

>私は助死師(字的に美しくないな~)
>になりたいです。

なんか先見性のある言葉(助死師)だなぁと思ってながめてました。
これからもよろしくお願いします。

Posted by: ono | 2004.02.19 at 08:56 AM

先の事を考えると、切なくなってしまう世の中ですよね。
でも、自分の人生を楽しめるか否かはやはり自分自身にかかっており、それを早くに見つけられるってとてもしあわせなことだと思います。

 ちなみに、人生の最後を、その人らしく、幸せに迎えられる環境を整えてあげられるものか私は日々苦戦中です。

 人間って、 生まれる時は大部分の人が祝福されて産声をあげますが、はたして どれだけの人が幸せな最後を迎えられるのでしょうね・・・。

 助産師も大切ですが、私は助死師(字的に美しくないな~)
になりたいです。

Posted by: chiochio | 2004.02.19 at 12:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4491/205274

Listed below are links to weblogs that reference 転勤拒否の理由。:

« 思考停止に落ち入ってる人を覚醒する一撃! | Main | セブンイレブンのCM~好きですこれ! »