« blog依存度チェック☆ニューバージョン | Main | も、もうちょっと、我慢しろ~小学校6年生の漢字ドリル~ »

2004.01.27

助けるのか公平公正か~とーても難しい

★「言葉」は、「うっ」「ぐっ」と唸らされた言葉を備忘録代わりに記述していこうとするもので、カテゴリー「心と体」に当面は蓄積していきます。
----------------------------------------------------

 
 目の前に毛布を欲しい人がいます。
 ただ、手持ちの毛布は少ない。
 あなたは、毛布をその人にあげるかどうか

 

阪神淡路の震災の時、大阪ボランティアの主宰が、行政とボランティアの違いについて語ったときの問いかけでした。

こんな内容でした。

★  ☆

目の前に毛布が欲しいと言っている人がいます。
行政はその人に毛布をすぐにはあげられない。

なぜなら、もっと困っている人がいるかもしれない。
もっと困っている人がいるかどうかを調べ、毛布をあげる条件をつくり、その上でその人が毛布をあげる条件を満たしているかどうかで判断することになる。それが行政。

行政だから、公平公正でなければならない。
しようがない手続きなのです。

ボランティアは違います。
目の前に毛布を欲しいと言う人がいて、ボランティアをしているあなたが「この人にあげたい」と思えばあげるのです。

行政のすることとボランティアのすることは役割分担なのですね。

行政が行なうべき公平公正は、時間がかかります。
ボランティアは時間がかかりません。
ただ、ボランティアは公平公正ではないかも知れない。
だから役割分担なのです。

☆  ★  ★

いや、この話を聞いていて、う~むと唸りました。
それまで無邪気に行政ってのに、ムカついてましたから(たはは)

★  ☆

公平公正という概念とその実行って難しいもんだわ と素直に思いましたです。

NPOはまだブームなんでしょうか。
行政や企業とは異なる役割を持つ活動組織体としてもっともっと社会が認知しても良いなとあらためて思います。

他方で、企業がブームだからと設立されるNPOもあるようで、ん? と脳みそが混線したりもしますが(ニガワライ)

|

« blog依存度チェック☆ニューバージョン | Main | も、もうちょっと、我慢しろ~小学校6年生の漢字ドリル~ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4491/139620

Listed below are links to weblogs that reference 助けるのか公平公正か~とーても難しい:

» blogの集合体 [鯛、靴、箸]
電網快々@ココログのblogosphereはマスメディアであるについてのエントリを書いたのだが、いまいち建設的でなくて申し訳ないので補足したい。 そもそもコメン... [Read More]

Tracked on 2004.02.09 at 03:11 AM

« blog依存度チェック☆ニューバージョン | Main | も、もうちょっと、我慢しろ~小学校6年生の漢字ドリル~ »