« 観客からみたコンサートホール | Main | それはなぜ起こったか »

2004.01.23

そして欲望は創造された♪

★「言葉」は、「うっ」「ぐっ」と唸らされた言葉を備忘録代わりに記述していこうとするもので、カテゴリー「心と体」に当面は蓄積していきます。
----------------------------------------------------
(先の記事の続き)
 

 市場は創造されるもんなんですよ。

 

★  ☆  ☆

先の記事の続き。大阪にはじめて本格的なクラシックホールとして出来たザ・シンフォニーホールの管理者の話。

こんな流れで、上の言葉につながる。

ザシンフォニーホールをつくるときに、クラシックコンサートをどれだけの人が見ているのかを調べた。

調べて驚いた。
ザシンフォニーホールは1700席だが、1ヶ月分の市場しかなかった。

クラシック専用ホールが大阪にないと言っても大きな会場でコンサートは行なわれている。
専用ホールをつくれば、クラシックを聴こうと思う人は増えると考えてはいた。
しかし1ヶ月分しかない。

しかし現実は、ザシンフォニーホールがオープンして1年を通じてほぼ満員となった。
市場は創造されるもんなんですよね。


☆  ★  ★

どんな意思決定があったのか
誰かの強い思いがあったんだろうな。

合理的なマネジメントをしてたら、そんなデータ見たら却下っすね(爆)

事態をすべて合理的に判断できたら、楽かもしれない。
でも、それだと、夢とか希望が堕落する。
合理性と夢・希望はどうもトレードオフ。

いやいや、こんなうっとおしい、それらしい言い方をしなくてもいいか。

一言。
おもしろくないんだよん。

おもしろくないのはイヤだ。
予定のそとに「生きるの意味」があるんだもんな。

★  ★  ☆  ☆  ★


2つほどの捕捉


1ヶ月しか需要がなかったのか、数ヶ月だったのか、実は忘れた(笑)
そもそもどんな調べ方をした結果1ヶ月しか市場がないとわかったのか(爆)
んが、話の根本とは関係ないっす(笑)
細かいことは考えない考えない。


話全体がプロジェクトX風味だな とこの記事を書いていて自爆的に思った(自爆)
本当の現場の悶絶は、「1ヶ月しか需要がないというデータ」を突きつけられて、上層部とか社内各部門をどう丁々発止で、または汚い小ずるい(爆)超法規的処置などで(←大げさ)抑え込んだか、そこ。
そこはしかし、聞いたらげんなりするんだろう。
更に、そこにはきっと教訓はない。個別だもんね。個別記述されたものをおもしろがるか嫌悪するか、いずれ「いやな会社」「頭の堅い上司」と脊髄反射するしかない。当時のボクの興味もそこにはなかったし。(実はいまは大あり(笑))


以前書いた記事、大きくみないとまったく間違う・・・は、「需要がないのだよ、それがわからんのか」という展開。ある意味逆の展開だということを気づいて頂けると、この記事、更に味わえる(笑)
需要が刺激によって創造されるなんざ、経済(学)はいまだあまり信用してないからねぇ~~(笑)
ザシンフォニーホールのような立場からいくと、「大きくみないとまったく間違う」の記事に出てくる喫茶店は、需要を創造する可能性だって大いにある。当然♪

このあたりがおもしろいです。とっても。
言葉にすると「運と偶然を飼い慣らせ!」って感じ。ちょっと文脈とんだか。またいずれ♪

|

« 観客からみたコンサートホール | Main | それはなぜ起こったか »

Comments

つねのとおりさん
コメントありがとうございました。

>市場調査の話は、靴商人が靴のない土地へ市場調査の報告

この話、知りません、
リクエスト、リクエスト!!
つねのとおりblogで書いて~~~~。
で、書いたら、「書いたぞ!」とコメントしに来て~~
        <甘えん坊♪

Posted by: ono | 2004.01.25 at 01:32 AM

onoさんとこは、投稿が連射型なんで、TB付けようと思った
コラムがあっと言う間に下に言っちゃうんですよね。

市場調査の話は、靴商人が靴のない土地へ市場調査の報告
を本国に報告した云々というエピソードが有名ですよね。

ものを売るということに関しては、需給だけじゃなくて、
シナリオのあるものが受け入れられやすいんですよね。

某新聞では白紙でも売れるのが最強の営業マンとか。多分、
どこの業界のスーパーセールスマンは、そんなものでしょ
うか。

Posted by: | 2004.01.24 at 08:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4491/127180

Listed below are links to weblogs that reference そして欲望は創造された♪:

» 後付 [つねのとおり]
ごまめのつぶやきさん経由で 東京新聞「特報:ニッポン外交大丈夫?専門家はかやの外、まずイラク派遣ありき」 (田原拓治:2004/2/10)を読んで、日中戦争突入... [Read More]

Tracked on 2004.02.11 at 01:29 PM

« 観客からみたコンサートホール | Main | それはなぜ起こったか »