« 如何にすれば共にできるか-3つの条件 | Main | 人生の岐路。さて、選択するかそれとも先送りするか・・・。 »

2004.01.20

自分の夢が好きになる

★「言葉」は、「うっ」「ぐっ」と唸らされた言葉を備忘録代わりに記述していこうとするもので、カテゴリー「心と体」に当面は蓄積していきます。
----------------------------------------------------
 

 
  自分の夢が好きになった。
 

 

TV。
村上龍が中学校を訪れ、「13歳のハローワーク」周縁の話を生徒の質問を受けながらした。

その45分間の授業(セッション?)が終わったあと、参加していた中学生の感想の言葉。

ニコニコしながら「自分の夢が好きになった」

☆  ★

インパクトがあるから言葉が脳みそに貼り付くわけですが、この「自分の夢が好きになった」というこの言葉の微妙さ、ッテイウカァ違和感はなに?

夢って自分の好きなことじゃないの?

いや、夢だから、あいまいだから、それが好きかどうかも曖昧だったってことかしらん?

★  ☆

どうも想像以上に、敏感、つーか捻れてるかもしれないと感じるですね。

「自分の目標を持ちなさい」というのは、どうも意味不明だなぁと思うボクとしては、そう迫られてしまっている中学生を含むボクらの現状がある気がする。

意味不明だなと言うのは、ピストルを向けられて「自由になれ」と言われているのと相似の語義矛盾というか、誰が何を言ってるんだかわかんないですよな という意味。

13歳のハローワークもなるほどなと思いつつ「好きな仕事に就け」という妙な迫り方が気になったりしてた。

そういう「夢を持て」「目標を持て」という妙なプレッシャーをいま日本に生きている多くが受けているので、自分で無理矢理目標を持ってみたり、夢を持ってみたりする。

「夢を持て」と迫られるから「無理矢理、夢を持つ」という異様な風景・空気ですね。

☆  ★

で、この中学生、村上龍の話を聞いて「自分の夢を信じて良いんだな」と感じたんでしょう。

「夢を持て」「好きな職業を持て」と迫れれたから、一応持ったものの「これが正解なのかな?」とわけわからん不安に襲われていたのが、村上龍の話をナマで聞いて「あっ!自分の思った夢を信じて良いんだ!」と思ったわけでしょうか。

13歳から考えて興味を持ったものにいろいろチャレンジして試行錯誤しましょう、というのが「13歳のハローワーク」の実践的メッセージのようですが、「自分の夢が好きになった」と言わせてしまうような、社会や大人側のもともとの迫り方・プレッシャーのかけ方の異様さがあるんだよなぁ とあらためて書きながら思っちゃったことです。


|

« 如何にすれば共にできるか-3つの条件 | Main | 人生の岐路。さて、選択するかそれとも先送りするか・・・。 »

Comments

コバさん♪

コバさんのブログ。力の入った記事だったので、ついついつられて多弁症コメントになりました。失礼しました。

お互い、おしゃべりな指先を持って困りますよね(わはは)

Posted by: ono | 2004.01.21 at 02:57 AM

たりぽんさん。

>近所の子供から恐れられる「カミナリじじい」になってやろうかと思う今日この頃。

激しく同意。
人からいやがられて孤独に死んでいくことについての精神的修行にお互い励みましょう☆α==(・・#)パーンチ

Posted by: ono | 2004.01.21 at 02:54 AM

先日はトラックバック返し&コメントありがとうございます(^^

夢を持ってもむなしい原因は、選択を誤ると修正のきかない学歴制度が、かなり壁になっているのでは、とふと思いました。夢がなくて、うろうろしているうちに進学してしまい、目標が出来たころには、もう選択肢がない、というのが今の学校の制度ではないですかねぇ。
そういう意味では、「13歳のハローワーク」というのは、いいことなのかも。だけどね、それから先、夢が変わることもあるでしょう。そうなったときのためにも、やっぱり社会構造全体をひっくり返さないと…
時間がかかるなぁ(汗


以下私信

to onoさま
どこに「書いたぜ!」と書いておこうか迷いましたが、コメントついでに、ここに告知しておきます。
昨日の続き、「書いたぜ!」(^^;

Posted by: cobachu | 2004.01.21 at 12:23 AM

onoさん

夢や目標を持て!という大人に限って、なんやねんこのおっさんというような生き様ってのは、ありますね。背中で語る!みたいのも憧れますが、私には無理だなぁ。せめて近所の子供から恐れられる「カミナリじじい」になってやろうかと思う今日この頃。今日もロフトで商品ぐちゃぐちゃにしていた他人の子供「思いっきり」しかってやりました。わはは。

脱線 脱線

Posted by: たりぽん | 2004.01.20 at 10:08 PM

たりぽんさん♪

他の感想に「自分で目標を持たないといけないんだな」と思ったという意味合いの感想もあったようななかったような。

なんかね、や~ね~とボク、やっぱり思うわけですよ。
夢を持て、目標を持てなどと言える生き様の大人なんてほとんどいないって と思ったりするのですねぇ~~。

Posted by: ono | 2004.01.20 at 03:20 PM

私も見てました。今の子供たちは、自分の夢を肯定されることが少ないのですごく励みになったんじゃないでしょうか。「夢は大人になってから見るもの」じゃないですものね。

Posted by: たりぽん | 2004.01.20 at 11:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4491/118148

Listed below are links to weblogs that reference 自分の夢が好きになる:

» 気づいていない人は読もう! [たりーず・ふぁいる]
岩月謙司「女は男のどこを見ているか」という本を買ってきました。何気なく買ったんですが、なかなか「気づき」の本でした。なんで奥さんや恋人が不機嫌で怒っているのか?... [Read More]

Tracked on 2004.01.22 at 11:12 PM

» 職業選択の自由 [HPO:個人的な意見 blog版]
「13歳のハローワーク」 村上 龍 (著) お正月の村上龍とカルロス・ゴーンの対談が興味深かったので、娘に買ってきました。今年テレビでみた村上龍は、以前の自分に... [Read More]

Tracked on 2004.01.24 at 08:39 PM

« 如何にすれば共にできるか-3つの条件 | Main | 人生の岐路。さて、選択するかそれとも先送りするか・・・。 »