« 綿矢りさを巡る知的かつ酔っぱらい?雑談 | Main | 自分の夢が好きになる »

2004.01.20

如何にすれば共にできるか-3つの条件

★「言葉」は、「うっ」「ぐっ」と唸らされた言葉を備忘録代わりに記述していこうとするもので、カテゴリー「心と体」に当面は蓄積していきます。
----------------------------------------------------
 

 見知らぬ仲間と一緒にコトを成すためには
  ●会い方の工夫
  ●志の共有
  ●実践目標を持つこと
 の3つが大事。
 

いやはやもうパネルディスカッションで聞いてメモったということしか覚えてない。
救急医療系のNPOだったかなぁ、忘れた。

いずれ拘束力の弱い組織の親ビンが「みんなで持続的にがんばろうやといういわゆる組織化、チームづくりのポイント」として話されたのがこの3つ。

う~む、凄い
なぜなら誰でもできそうだ!! と思う内容だったから↓

★  ☆

1つめ。会い方の工夫。

・直接あってするミーティングの回数、リズム、場所の工夫が大事。


昔はそういやぁ、木曜会てな名前をつけて、毎週木曜日にあおうというリズムがあったわけですなぁ。

2つめ。志の共有

・欠席の理由が気になること。
 

特にこれが凄いなと。
あーあー欠席の理由が気になるって、ポイントっすね。凄いなこの定義と思った。

☆  ★

実践目標をもつ

・具体的に一緒にやる具体的ななにかをつくらないとダメだそうです。


★  ☆  ☆

昔なら異業種交流会とかって流行ってましたが、なかなか続きませんっすよね。
勉強会、研究会などなどもなかなか続かない。

パーティとかで意気投合して握手しながら「是非一緒になにかやりましょう」って言うのは、はじまった試しさえない(わはは)


企業などもう共同体たり得ないし、地域も家庭も総崩れ。
個々人がなんらかのコミュニティに属してないとついつい孤立(るび:ひきこもり)しますですよなぁ。

たくさんの集団に帰属しておいたほうが幸せな人生がおくれると思うのです。

なにかのお誘いが来て、んじゃ行ってみようかなと思ったとき、是非是非この3つの条件が備わっている組織集団か、まず嗅ぎ分けましょう♪


んで、どれかが欠けている!と気がついたら、当然ですが選択肢は2つ。

選択肢1 : 3つの成功条件の中で欠けている要因をなんとかする。
選択肢2 : とっとと逃げ帰り、新たな帰属すべき集団を探す。

★  ☆

ボクは、スス~といなくなる場合が多い☆α==(・・#)パーンチ

|

« 綿矢りさを巡る知的かつ酔っぱらい?雑談 | Main | 自分の夢が好きになる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4491/117619

Listed below are links to weblogs that reference 如何にすれば共にできるか-3つの条件:

« 綿矢りさを巡る知的かつ酔っぱらい?雑談 | Main | 自分の夢が好きになる »