« つながりを感じる。 | Main | 教師と育師 »

2004.01.18

発信すればするほど情報は集まる

★「言葉」は、「うっ」「ぐっ」と唸らされた言葉を備忘録代わりに記述していこうとするもので、カテゴリー「心と体」に当面は蓄積していきます。
----------------------------------------------------


  事業をはじめると、自然とネットワークも拡がっていく。
  なんのノウハウもなかったのに技術者も集まってくる。

  やってみないでいろいろ文句を言ったり、言い訳していても何も進まない。


とある通信・情報関係の社長の言葉。
 
この人、ご自身は全然な~んも知らんのにある情報系の事業を立ち上げて
軌道にのせた。

事業をはじめたら、技術者も集まってきた、
というのが大胆というか凄いというか・・・

☆  ★

前回の記事「つながりを感じる」のネスカフェのCFの出来がもの凄く良かった、それで元気をもらったので、元気になる記事を書きたいと思って、この言葉にした。

★  ★  ☆

情報は発信すればするほど集まる」という多少無邪気な(笑)、そしてやや大胆な(笑×2)、しかし現実がありますが、それをまさに地でいく話。

人間がつくっている社会というのは
あまねくすべてまるっと(しつこい!)相互依存なので、
自分が動けば周辺も動くに決まってる。
自分が大胆に動けば、周辺も大胆に動く。

状況はどうなってるかと事前に緻密に分析をしても
動き始めたら周りも動くので状況は変わる。

だから、やらずに文句を言ってても意味ないよと言うことになるわけっすよね。

まぁそれにしても、新しいビジネスを情報系にもかかわらず技術者がほとんどいない状態ではじめちゃうなんて、やっぱ怖いっすよね(笑)

横紙破りさ。素人かもしくは怖いという神経が2,3本欠けてるのさ(笑)

☆  ★

てな、物言いをこの社長が許すわけはありませんm(__)m

        ■この記事は「少し動くと世界が変わる-1」の
          シリーズ(ん?シリーズ)のその2にあたります。

|

« つながりを感じる。 | Main | 教師と育師 »

Comments

Gabさん わざわざどうもっす♪

>まぁ大抵は失敗するわけですが・・・(笑

わはは。
成功してるのが不思議なくらい大胆なオヤジだ。

めちゃくちゃ大胆な大リーガータイプと
細心の注意を払う2番バッタータイプといますですね>成功者

Posted by: ono | 2004.01.19 at 01:15 AM

kurehaさん

ひっつき虫ってなつかしー言葉だわん
ありがとさんきゅっ♪

Posted by: ono | 2004.01.19 at 01:12 AM

人はそれぞれ社会のなかで歯車であり原動力なのだ

by ねっとの片隅

うわーちょっと詩人くさい
あ、どもどもonoさん、俺です(誰だ、笑

>まぁそれにしても、新しいビジネスを情報系にもかかわらず技術者がほとんどいない状態ではじめちゃうなんて、やっぱ怖いっすよね(笑)

大胆というか、無謀というか、神経構造がレアな人ですな。
「考えるより生むがやすし」ってな具合で、神経使って細かく考えるよりも、大雑把で適当にやるほうがうまくいくってこともありますけどねー。

まぁ大抵は失敗するわけですが・・・(笑

Posted by: Gab | 2004.01.18 at 12:46 PM

>それで元気をもらったので、元気になる記事を書きたいと思って、この言葉にした。

またまたTBしたくなるような記事を!(笑)

元気がでる!ってことは生きていくうえでホント大事なこと!
元気を出したければ元気のある人の近くにいるといいのだ!
今私はonoちゃんのひっつき虫になってマス♪
これ以上元気だしてど~する!ってツッコミはなしってコトで(笑)

Posted by: kureha | 2004.01.18 at 01:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4491/111595

Listed below are links to weblogs that reference 発信すればするほど情報は集まる:

« つながりを感じる。 | Main | 教師と育師 »