« 言葉をことばにする | Main | 終わっちゃう・・・・ »

2003.12.28

表出と表現。

★「言葉」は、「うっ」「ぐっ」と唸らされた言葉を備忘録代わりに記述していこうとするもので、カテゴリー「心と体」に当面は蓄積していきます。
----------------------------------------------------


表出と表現。


★  ☆

「表出と表現」については以前記述をしたんだけれど、先に今日アップした宙地間遊というblogを読んでいて、つぶやきや日記という「表出」と明かに異なる「表現」を読んでいて、あらためて蓄積にしておかなきゃと思ったので再放送(苦笑)です。

表出とは、発言によって、自分が気持ちよくなること、無責任なおしゃべりを言う。他方で、発言によって他者に影響を行使し、他者を動かすほどになることを「表現」と言う

この整理、この切り分けが一般的なのかは知らない。宮台真司がざっくりとこう整理していて、なるほどなーと思った直後、なだいなだ(だっけなぁ(うろ覚え))が新聞のコラムかなんかで書いていた事で強化された。

確か、なだいなだは、インターネットによるWebの日記やメールや文章のやりとりが増えた事について「自分が書いていることそれのみで良しとしている間は良いのだけれど、みんなに読んでもらいたいと思ったとき、その壁の厚さをどう克服するのだろう」というような事を書いていた・・気がする・・・ミスリード多いので違うかも(^_^;)

で明らかに、宙地間遊というblogの書き連ねは「表現」で埋まっていて、わわわわわ と感じた。凄い。

★  ☆

ちょっとした補足。
この記事において表出と表現が「悪と善」という価値観によって構成されていると自覚しているので補足。

表出は悪ではありません。表出はとても大事。
くじけているとき、心が弱っているとき人は表出によって立ち直っていきますよね。
カウンセリングってのは、その実践。現場。

なだいなだ的文脈をあらためて裏返して整理しなおすと
「表出」によって自己信頼を高め、自立しようと覚醒し「表現」にまで向かえ!
てな事になると思います。はい。

|

« 言葉をことばにする | Main | 終わっちゃう・・・・ »

Comments

picoさん、ぶっ飛んできて頂きまたコメントまで頂戴してありがとうございます。

野猫さんのところで、picoさんと野猫さんが40文字以内会話をしているのを昨日見てました♪
  <リロードするのどうするんだ?とか思ってた(苦笑)

出かけなきゃいけないのですが(忘年会・・・)、いまから、ぶっ飛んで足跡残しますね。

これからもよろしくお願いします。

Posted by: ono | 2003.12.29 at 04:46 PM

はじめまして。picoです。
野猫さんのところから飛んできました。

「作る」と「創る」にも似てますね。
私は、「つくる」と口にする時は、
イメージは「創る」なのですが。
PCも一発変換しなかったりと、浸透はしてないようで。
先日、「北の国からドキュメント」で倉本聡氏が、
「創る」は智恵が必要だ。みたいなニュアンスなことを
おっしゃってとても嬉しかったのですね。
そして、今日も、こちらの記事を読んだ時に、
その時と同じ感覚を味わいとても嬉しく思いました。

長くなりました。
実は、「言葉をことばにする」も気になってました。
眺めてただけなのですが・・・
では、また、お邪魔します。

Posted by: pico | 2003.12.29 at 04:35 PM

こんばんは。 なんだか有難うございます。
実は、今までも寄らせて頂いておりました。
これからもよろしくお願いします。

Posted by: nobuko | 2003.12.28 at 11:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4491/55781

Listed below are links to weblogs that reference 表出と表現。:

« 言葉をことばにする | Main | 終わっちゃう・・・・ »