« ちゃんとしなきゃ | Main | 売りの力、クチコミの力、情報の力 »

2003.12.14

知の時代ははじまらない

「ねーねー知ってる?」「知らないのぉ~?」というさりげない会話の中に
知らないことに対するプレッシャーがある。

インターネットという手段を手に入れ
覚えること の意味が薄れ
いつでもどこでも知識を入手できるようになって
知っていることの優位は薄れつつあると時代を解釈することも可能だが
一方で、インターネットに中に分け入ると、
その膨大な「知らないことの量」に呆然とし
知らないといけない と圧力が自分にかかるようになっている。

知らないのは当然、
そういう時は横町のご隠居に聞いてみようという
ある意味良き断念ができない環境が揃いつつあると見ても良い

この環境で、フツーのボクらはどのような対処を無自覚にしはじめるだろう。
兆しはいくつか見えている。

1つはMBAブーム。
これは、やれやれ。。。コメントなし。したくもない(苦笑)

もう1つの象徴は ソニーのコクーン、スゴ録。
キーワードを入れておけば、番組を全部ハードディスクに落としておいてくれるという
番組という情報の多様性が増えた中でのフツーの生活者としての対処だろう。
逮捕者が出てしまったwinnyも同じ構造。

大量にあるかもしれない情報をもれなく手元に運んでくれるという
これらの装置、道具は
膨大な情報の海でおぼれないために
必然として登場した道具のように見える。

さて、ハードディスクにため込まれたこれらの情報、
「知っていること」と「知らないこと」の数直線上では「知らないこと」の近いのだが
気分としては、中間あたりか。

「知らないのぉぉぉ?」「うん、でもハードディスクにあるから、今度見とく」
これで、安心する、安心できる。

知の時代、どうもなかなかはじまりそうにないような気がし始めている。

|

« ちゃんとしなきゃ | Main | 売りの力、クチコミの力、情報の力 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 知の時代ははじまらない:

« ちゃんとしなきゃ | Main | 売りの力、クチコミの力、情報の力 »