« 予言 | Main | 小耳力 »

2003.12.26

やさしく冷たいと厳しく暖かい

★「言葉」は、「うっ」「ぐっ」と唸らされた言葉を備忘録代わりに記述していこうとするもので、カテゴリー「心と体」に当面は蓄積していきます。
----------------------------------------------------


 「やさしく冷たい会社」と「厳しく暖かい会社」


★  ☆

カルロスゴーンが日産に来る前だったか、日産に来て改革をはじめた初期だったか、日産の仕入先が、「日産はやさしく冷たい会社、トヨタは厳しく暖かい会社」と新聞の取材で語っていたのを読んだ。

すごい「言葉」だな、すごい分析だな、すごい表現だな と思った。

とてもやさしいんだけれど、あっさり切っちゃう。そんな会社、そんな先輩や上司がいますよね。
とても厳しいけれど暖かく、困りはて悩んでいるとき、言わずとも手を差し伸べてくれる、声をかけてくれる、そんな先輩や上司、会社が他方であります。

他者を思いやることとやさしいこと厳しいことは全然違う次元の話。
愛があるから厳しい人、回顧主義っぽいけれど昔はたくさんいらっしゃった気がします。
いまの時代、ちょっと「やさしくて冷たい」って感じませんか?
わかれ!も「厳しいけれど暖かい」と同じ地平にある言葉と思います。
ボク自身、相手をおもんばかってキツイことを言えず、それが結果として冷たかったのではないかと猛省することもあります。

「厳しいけれど暖かい」。そんな態度で人に接したいとあらためて背筋を伸ばしながら思います。

|

« 予言 | Main | 小耳力 »

Comments

訪問ありがとう
同じデザイン言われるまで
分かりませんでした。
そこまで見る余裕がないと言うことですな。
お互い頑張りましょう。
でも工夫の度合いが遙か↑上です。
追いつけそうもない。

Posted by: super7 | 2004.01.01 at 04:42 PM

厳しいけれど暖かい人になるのは、難しい。
相反するものを、同時にしなければならないからです。
理想だと思いますが、ーーー

Posted by: super7 | 2003.12.31 at 05:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4491/51916

Listed below are links to weblogs that reference やさしく冷たいと厳しく暖かい:

» すごくうれしい。 [Dipper's LOG]
ono カルロスゴーンが日産に来る前だったか、日産に来て改革をはじめた初期だったか、日産の仕入先が、「日産はやさしく冷たい会社、トヨタは厳しく暖かい会社」と新聞... [Read More]

Tracked on 2003.12.27 at 01:37 PM

« 予言 | Main | 小耳力 »